Skip to content

警察官への専門学校

警察官警察官とは公務員です。正確には地方公務員です。さて、警察官とは公に安全を守る公安という立場になります。公安とは、国家公務員の刑務官・入国警備官・皇宮護衛官・海上保安官と地方公務員の警察官・消防官があります。また、警察官も試験レベルがあります。初級等の高校卒業程度の警察官採用試験、中級等の専門学校・短期大学卒業程度の警視庁警察官Ⅱ類試験、上級等の大学卒業程度の警察官採用試験があります。

このような公務員の警察官は、警視総監・警視監・警視長・警視正・警視・警部・警部補・巡査部長・巡査の階級があります。そして、国民の命を守る仕事故、非常に過酷な労働ともいわます。そこで、警察官の資格が取れる専門学校を説明していきます。警察官になるのは、高校や大学を卒業する年に受験することや大学在学中に受験することも考えられます。しかし、この説明は高校卒業後に専門学校に入学し、基礎基本を重ねて卒業する年に受験することで説明していきます。受験可能な試験は、警察官採用試験や警視庁警察官Ⅱ類試験が当てはまります。

デメリットとは、大学卒業程度の警察官採用試験を受けたい場合です。その時は、大学卒業する年に受験して警察官になる方法や大学卒業してから専門学校に入学して受験する方法があります。それを考えると、初級・中級・上級のどの試験でも専門学校で対応できます。これから、警察官のコースを選択、体力も必要、専門学校生活を楽しむとして説明します。